年明けに多い介護関係の求人 Part1

年が明けると介護関係の求人が増えてきます。年が明けた1月から3月にかけて退職する方が増えるためです。介護関係が求人を応募する場合、基本的には欠員する人員を補充する場合に行われます。どの業種においても人員基準や専門職の配置義務が設けられています。その基準に違反すると報酬額が減額されたり、営業停止などの処分を受けることとなります。かといって余剰人員を抱えるほど余裕が持てないのが現状としてあります。業績が好調な事業所においては業務拡張に伴う人員募集を行うこともありますが、この場合は少数です。運営するにあたっての最低限の人員を確保することに重きを置いています。1月から3月にかけて退職者が多い理由としては、ボーナスを得てからの退職を希望される方が多いためでもあります。どの業界でも同じことが言えますが、4月より新生活を行いたいと思っている方も多くいます。

新宿でお酒をのみましょう!

ページ一覧